ブラックでも融資可能な消費者金融がある

多重債務になって滞納をしていたり、年収の三分の一に到達するような借り入れをしていたりすると金融ブラックになって消費者金融ではお金を借りられなくなるのが原則です。任意整理や自己破産などの債務整理をした場合や、携帯電話の分割払いを延滞した場合なども同様で、信用が関わる取引でトラブルを起こすと金融ブラックとして個人信用情報機関に記録が残ります。融資を受けるときには審査を通らなければならず、融資決定のためには個人信用情報を見て可否を判断するのが原則です。その一般的な基準は金融事故を起こしていたら審査を通さないというものですが、実はこの基準自体は業界ルールで決まっているわけではありません。つまり、独自の審査基準で金融ブラックの人にお金を貸しても消費者金融は咎められることはないのです。

ただ、現実問題としては金融ブラックになっていると消費者金融としては貸すとお金が返ってこないという心配があります。そのため、なかなか融資してくれる消費者金融はありません。しかし、中小企業の中には融資可能と銘打っている消費者金融もあり、特に大々的に宣伝していない消費者金融でも口コミで審査を通ったという報告があるところもあります。アローやセントラル、フタバなどが代表的ですが、条件さえ満たしていれば融資可能と判断してくれる可能性があるのです。

融資可能な金融ブラックとしては、債務整理をしてから5年以上経過していないけれどもう生活が再建されていて他に債務もないという例があります。また、クレジットカードで何度か滞納をしているけれどすぐに支払っているなどといったように不注意を繰り返しているだけで支払いは最終的にはできているケースです。このように信用情報に問題があったとしても、支払える能力があると考えられれば審査を通れる可能性があります。総量規制の上限を超えることは消費者金融では原則としてできませんが、おまとめローンで対応してくれる可能性はあるので多重債務の場合には検討してみましょう。

融資申込み

© 2021 ソフト闇金アステカは先引き無し、月1払い、分割払いの相談可能