誰にでも貸してくれる金融会社の経営実態や注意点の詳細

お金を借りたいけど銀行や消費者金融を利用できない場合、その多くが「返済能力に問題がある」と判断されているのが理由です。過去および現在の借り入れ状況に関する情報は銀行や消費者金融で共有されているので、一つの銀行で借り入れを行うと他の銀行や消費者金融にその情報が知れ渡ります。現在の収入では返済が困難と見なされるほどの借り入れを行っている場合、そこからさらに借り入れを行うのは非常に困難です。お金を貸す側は返済が滞る事態をもっとも恐れているので、借り入れ状況に問題がある人には新たな貸し付けを行わないのが普通になっています。

その一方で誰にでも貸してくれる金融会社も存在します。俗にブラック債務者と呼ばれる、多重債務者や返済の遅れが頻発する債務者でもお金を貸すのが特徴ですが、そのような会社の多くは正規の届け出をだしていない、モグリの会社です。俗に闇金と呼ばれる非合法の金融会社であり、その経営は法律で決まっている上限を遥かに超える金利の請求で利益を得ているのが実態です。銀行や消費者金融を利用できない債務者を相手にする商売なので、確実に利益を得るためにも金利を高額に設定しています。また、業務の性質上、暴力団など反社会勢力の資金源になっているのも事実です。

お金の貸し付けによって利益を得る仕組みを理解できれば、誰にでも貸してくれる金融会社は商売が成り立たない事実を知ることができます。しかし、そのような金融会社は多重債務者に対して違法になるほどの高い金利を請求するので利益を得ることができるのです。営業自体が違法なので、返済時の取り立ても脅迫や暴力を伴う傾向があります。法律上は違法なモグリ業者への返済義務はありませんが、一度でも関わると何度でもしつこく付きまとって利用させようと仕向けるので生活に支障をきたす可能性は否定できません。大きなトラブルに見舞われないためには、どんなにお金に困っても違法な金融会社には関わらないことを厳守する姿勢が大切です。

融資申込み

© 2021 ソフト闇金アステカは先引き無し、月1払い、分割払いの相談可能