ソフト闇金

ソフト闇金を専業主婦が利用するときは返済計画が決め手

借りるのと返すのは別に考える
ソフト闇金の審査基準は厳しくないので、
専業主婦に貸してくれるケースも多くなっています。
ただし、借りるのと返すのは別問題であり、
借り入れした金額を返すのが難しくなる方もいます。
こうした失敗が発生する理由はシンプルで、
返済が厳しい金額を借りてしまうからです。
専業主婦がソフト闇金を利用するときは、
返済日までに返せる金額を試算しておきましょう。
たとえば、10万円を1週間借りた場合の利息が10%なら、
1週間後までに11万円を用意する必要があります。
さらに利息とは別に、手数料が5,000円発生する場合ですと、
11万5,000円が必要になるわけです。
ソフト闇金は、もともと長期的な借り入れのために利用するものではなく、
単発的に借りて一括返済するのが正しい使い方です。
確実に返済できることを想定して借り入れプランを立てれば、
失敗を避けられるでしょう。
■専業主婦が無収入とされる理由
会社勤務をして賃金を得ている主婦は、専業主婦ではありません。
あくまで主婦専業のため、無収入とみなされるのです。
ソフト闇金は、無収入の専業主婦でも借り入れできるのが特徴ですが、
「無収入イコール返済能力ゼロ」という解釈ではありません。
専業主婦がソフト闇金に申し込みする際は、
配偶者の年収が審査対象になります。
たとえば配偶者が会社員で安定収入があれば申し込みできますが、
失職して無職の状態ですと、借りられません。
ソフト闇金は誰でも申し込み可能といった宣伝をしますが、
これは収入がある人を前提にしています。
ボランティアではないので、
返済できる見込みのない人には融資はしないのです。
総量規制は関係なし、ブラックでも可能といった宣伝は多いですが、
専業主婦・配偶者ともに無収入でも融資可能という会社は皆無でしょう。
■具体的にどう返済していくのか
ソフト闇金から借り入れする専業主婦は、
具体的な返済計画を立てておきましょう。
返済できないお金を借りても、利息で膨らんで、
さらに返済が厳しくなるだけです。
一般的に専業主婦が返済をするときは、
配偶者からのお小遣いを返済に充てる、
単発バイトを見つけて返済金を確保するなどの方法があります。
ただし、お小遣いを毎月もらっているならば、
ソフト闇金から借りるという状況にはなりにくいはずです。
多くは配偶者からお小遣いをもらっておらず、
突発的な出費に見舞われたときに借りることになるはずです。
そうなれば、家計から返済金を捻出するか、
日払いバイトで収入を得て返済するなどの方法が一般的になるでしょう。
私用ではなく生活費のために借り入れする場合は、
配偶者とよく相談しておくのがおすすめです。
配偶者の稼ぎを返済に充てるので、
話を通しておくのが筋というものです。
それにより夫や家族からも協力を得られますし、
事前に告白することで、隠しておく必要がなくなります。
■利息を抑えるための返済方法は
どのようなローンであっても、
一括返済ほど利息を抑えられる方法はありません。
ローンで失敗してしまう人ほど、
返済回数が多く、返済期間が長い傾向があります。
なぜ一括返済がベストかというと、
必然的に借入日数が減るので、利息が減るからです。
ソフト闇金は日割りではなく、
10日で10%、20日で20%などの方法で利息計算をしていますが、
いずれにしても、借り入れが長期化するほど利息は増えます。
そのため、1週間や10日後を目途に一括返済するのが一番いいのです。
また、全額返済をする前に追加で借りないことも大切で、
これを徹底していれば、借金のコントロールができます。
ソフト闇金のなかには、
1か月後や2か月後に一括返済する方法を用意しているところもありますが、
借入期間が長いほど利息は膨らみますので、
常に短期返済を意識して利用しましょう。
給料日に全額返済することを意識すれば、
失敗しないはずです。

融資申込み

-ソフト闇金
-, ,

© 2020 ソフト闇金アステカは先引き無し、月1払い、分割払いの相談可能