ブラック融資

収入のない専業主婦が生活費などを融資してもらえるか

お金の融資というものは、融資する会社が存在することによって行われている行為です。融資する会社は当然のことながら利益を上げることを目的としており、貸したお金に利息が付いて返ってくることで利益を上げているのです。そのため、誰にでも貸せるという訳ではなく、返せる見込みのある人にのみ融資は行われます。

2010年に行われた改正賃金業法により、総量規制という規制が設けられました。これは年収の3分の1までしか貸してはいけないという法律で、借りすぎによる破産を防ぐものとなっています。この金額はあちこちの貸金業者で借りても総額が3分の1までということになっており、貸金業者は独自のネットワークでどこから借りているかは調べられるため、年収の3分の1までしか借入はできないのです。

そうなると収入のない専業主婦は1円も借りられないことになってしまいます。ただ、総量規制には例外として配偶者貸付という制度があるのです。これは配偶者の年収を計算に入れた融資額の計算方法で、専業主婦であっても借入が可能になります。ただし、当然のことながら配偶者の許可が必要になるため、例えば生活費を使い込んでしまって配偶者に内緒で貸金業者から借りたい、といった目的には使えません。お金を借りることはお金を返すこととセットなため、収入のない人がいくら約束をしてもそれは難しいのです。

さらに、そもそも配偶者貸付の制度に対応していない貸金業者も多く、まずは探すところから始めなくてはなりません。大手の貸金業者は基本的に対応していないため、気軽に利用するにはまだまだ敷居の高いものと言えます。貸し倒れのリスクを避けるために、貸金業者は審査を厳しめにする傾向があり、条件を満たしていても借りられないことも多いのです。収入のない専業主婦にとって、自分だけの信用でお金を借りるという行為は非常に難しいものと言えるでしょう。頼るのはまず外部ではなく、身内からの方が良いかもしれません。

融資申込み

-ブラック融資

© 2020 ソフト闇金アステカは先引き無し、月1払い、分割払いの相談可能