ソフト闇金

ソフト闇金の手数料ってどのくらいかかるの?

■申し込み前にはしっかり確認しましょう

ソフト闇金で借入を検討しているときには、どのくらいの利子と手数料がかかるかもチェックしなければいけません。
10万円の借入を希望して、そのまま貸してくれるわけではありません。
契約するときにもそれなりにルールを教えてくれますが、申し込みをする前にもしっかりと把握しておくと安心でしょう。
少しでも費用を抑えたいときは、自分の条件に合うソフト闇金をまずは比べて選びましょう。

■ほとんどのソフト闇金では手数料がかかる

ソフト闇金を検討されている方は、ほとんどの方が銀行や消費者金融で借入を行った経験があるのではないでしょうか。
そしてもうこれ以上借入ができない状態になっているか、すでにブラックの方も多いでしょう。
普通に働いていて何もわけアリでなければ、ソフト闇金を検討しないものです。
お金がほしいけれども普通には借入できないため、ソフト闇金を検討しているでしょう。
銀行や消費者金融で借入を行うときは、ほとんど最初に手数料が取られるというのはありません。
借入をした際に利子がかかるようになりますし、そこまで利息制限法もあり無理な返済額にはなりません。
しかしソフト闇金といっても闇金ですから、最初に手数料を引くところも多いです。
少し借入するつもりでも、ギリギリの金額だと手取りが少なくなります。
本当に必要な額のほかに、きちんと手数料がいくらかかるのかを把握して借入しなければなりません。
たまに手数料無料という業者も見かけますが、このように良心的なところはほとんどありません。
始めの頃は無料や安く設定していても、後から高い手数料を取っている業者もあります。

■だいたいが3,000円から5,000円取られます

金額も大きく借入するときの5,000円はあまり高くなく感じるかもしれません。
しかし自分が借りたい金額が15,000円だとして、手数料だけで5,000円引かれるのは高く感じるでしょう。
どのくらいの金額を借入するかで手数料は変動するわけではないので、しっかりと考えながら借入しましょう。
さまざまなソフト闇金が存在しますが、だいたい3,000円というのは多いです。
あまり1,000円や2,000円という業者はなく、5,000円というところは複数あります。
探していると中には手数料がかからないということを載せている業者もありますので、自分の今の条件でも借入ができそうだと思ったら、申し込みしてみても良いでしょう。
初回で手にできるお金が、手数料がほとんどないか5,000円取られるかでも大きく変わります。
特に初回で申し込みをすると、まだソフト闇金側としてもしっかりと返済してくれる人物か怪しんでいる段階です。
いきなり高額貸してくれるようなところは稀で、だいたいが少ない金額から始まります。
実績を積んでいくと借入限度額も上がり、正社員で大手に努めてお給料をしっかりと貰っているような方は、高額を借入できる可能性も出てきます。

■手数料だけじゃない!利子も法外な額を取られる!

初回で借入する際に、始めからそもそもかかる利子も引いてお金を振り込むソフト闇金も多いです。
手数料のことだけを考えてしまうと、後から利子の分も引かれていてビックリします。
申し込みのときに説明はあるものの、自分でも計算をして借りたほうが安心です。
そして利子も10日で10%、20日で20%など決まりがあり、最短では7日周期でかかるところもあります。
借入をしてもすぐに返済日が来ますので、ここもしっかりと計画が必要です。
返済を待ってもらえばもらう程、この利子の返済額は増えていきます。
特30日待ってもらいたいとすると、利子だけで借入の40%返済しなければいけないところもあります。
40%というと、借りた金額の約半分は利子を支払わなければなりません。
お給料日との兼ね合いもあると思いますが、借りたらできれば7日や10日ですべて返済するのが一番です。

■少しでも安心なところで借入がしたい

手数料が平均的な3,000円くらいかかっても、少しでも安心なソフト闇金で借入したい方もいるでしょう。
正直安心で安全というのは保証できないのですが、それでも老舗を選ぶと良いでしょう。
中には新規でお店ができても、すぐに閉店してしまうところもあります。
借入をしてお世話になり、またお願いしたいと思ったときすでにホームページがない場合もあります。
その点老舗は昔から存在し、口コミでも評判が良いところもあるのです。
お客様がいての商売でもありますので、長くお店が続いているということはそのくらい支持されている業者とも考えられます。
ホームページや口コミなどにも老舗ということが載っていますので、そういったソフト闇金から選んでも良いでしょう。

■手数料には気を付けましょう

ソフト闇金はブラックな人や本当に審査の緩いところでは生活保護の方にもお金を貸してくれます。
特に訳ありでも審査通過率が90%以上のところばかりです。
ただ利子や手数料も高いので、最後の頼みの綱として利用するようにしましょう。

ソフト闇金は手数料なしの会社とありの会社がある

■ソフト闇金は手数料なしの会社がお得?

手数料という概念はキャッシングには存在しませんが、ソフト闇金は発生する会社が多くあります。
手数料は3,000円などのまとまった金額になるので、少額を借りるような状態だと高く感じるかもしれません。
そのほかに利息が発生しますので、手数料と利息を合わせた総支払額を把握しておきましょう。
手数料はないほうがお得ですが、それよりも大切なのは利息のほうです。
手数料がゼロであっても利息が大きいのであれば、結果的に支払いするべき金額は大きくなります。

■ソフト闇金と闇金の金利の違い

闇金と比べるとソフト闇金の金利は低く設定されています。
闇金の場合は手数料がゼロのところが多いですが、金利がかなり高く設定されているのです。
そのため利息と手数料が発生するソフト闇金と比べても、闇金は総支払額が大きくなってしまうのです。
闇金からソフト闇金に乗り換えする人が増えているのは、総支払額が少なくなること、そして取り立てがあまり厳しくないことが関係しています。
ただソフト闇金の金利には上限がなく、業者側が自由に設定をしている現実がありますので、闇金並みに高金利で貸し出ししているソフト闇金も存在します。

■ソフト闇金の手数料の相場は?

3,000円程度が相場になっており、これは融資額から差し引かれるのが普通です。
ソフト闇金は実店舗を構えていませんので、指定口座に振り込みという方法で融資しています。
10万円の借入をした場合ですと、手数料を除いて9万7,000円が振り込まれることになりますが、実際は利息の分も最初に差し引いて融資されることが多いです。
10万円の借入をして手数料が3,000円・利息が2万円ならば、実際に振り込まれる金額は7万7,000円になります。
そして返済をするときは10万円をソフト闇金指定の口座に振り込むのです。

■少額を借りる場合は損をする

ソフト闇金の手数料は借入が1万円でも10万円でも同額に設定していることが多いです。
そのため1万円などの少額の借入をすると、手数料の割合が大きいので損をします。
高額の借入をするほど、元本に対する手数料の割合は小さくなります。
ただ高額を借りると利息が大きくなるので、無理をして高額融資を受けるのは得策ではありません。
ソフト闇金は緊急時に必要額だけを借りるために利用し、必要以上に借りないようにしましょう。
ローンを賢く利用するコツは利息を抑えることであり、これこそが最大の節約につながります。

■手数料は交渉次第で安くしてもらえる?

ソフト闇金は実店舗こそありませんが、ホームページは開設しているところが多いです。
ここに手数料に関する記載があり、原則として貸付条件に沿った融資になります。
手数料が3,000円に設定されている場合、交渉して負けてもらえる確率は低いと考えてください。
ただ優良顧客として認められている場合は、融通を利かせてくれるケースがあります。
ソフト闇金は貸金業登録をしていないので、貸付条件は業者の意思で変えられるのです。
特に一人で運営しているソフト闇金なら、交渉すれば手数料を下げてもらえる可能性があります。
ただし優良顧客になることが前提ですから、返済期日までに返していない状況だと無理です。

■手数料のないソフト闇金もある

キャッシングとソフト闇金が異なるのは貸付条件です。
ソフト闇金は業者によって貸付条件が大きく変わってきます。
良心的な業者だと手数料なしに設定しているところもあります。
ただほとんどのソフト闇金は利益を何より重視しますので、手数料を設定しているケースが多いです。
手数料は3,000円を超えると高いと考えてよいでしょう。
5,000円程度になるとかなり高い部類ですから、少額融資を受ける状況では不利です。

■手数料も利息の一部と考えよう

ソフト闇金から借りるときは、借入日数と総支払額に着目してみましょう。
たとえば100,000円を7日間借りて、金利20%・手数料3,000円ならば総支払額は123,000円になるのです。
1週間で23,000円を元金とは別に支払いする必要があるわけです。
ソフト闇金の中には利息だけ支払いすれば、元金は翌月まで持ち越しできる業者もあります。
ただ利息だけ支払い続ける方法は、結果的に総支払額を大きくするので注意してください。
いかに完済までの総額を小さくするかに着目しましょう。

■手数料は基本的に毎回発生します

ソフト闇金の手数料は初回融資のときだけでなく、借りるたびに発生します。
完済後に再び借りるような場合だと、再度支払いする必要があるのです。
毎月のように借りる人だと手数料の金額は無視できませんから、手数料なし・低金利の業者から借りるようにしましょう。
ソフト闇金の最大の特長はブラックリストに載っていても借入できることです。
逆にいえばブラックではない人なら、消費者金融から借りたほうが良いわけです。

融資申込み

-ソフト闇金

© 2020 ソフト闇金アステカは先引き無し、月1払い、分割払いの相談可能