ソフト闇金

ソフト闇金には審査なしで借りられる会社は存在するのか?

ソフト闇金の審査なしは本当?

ソフト闇金には実質審査なしを売りにしているところもありますが、個人情報を提示する段階で審査が行われています。
氏名や住所・連絡先などは必ず確認されますし、現在の収入も重要なポイントになります。
名前も連絡先も伝えることなく、しかも無職の状態で100万円の融資を希望しても借りられるわけがありません。
審査の定義は各社によって異なりますが、総じていえるのは無条件で借り入れできるわけではないことです。
例えばソフト闇金に対して、返済の意思がないことを事前に伝えたとしたら、融資してくれる可能性はゼロでしょう。

■なぜ審査なしのローンはあり得ないのか

ソフト闇金は慈善事業ではなく、利益を得ることを目的にしています。
それゆえ返済する意思がない人、返済能力がない人には融資してくれません。
審査というのはソフト闇金や消費者金融・銀行を問わずに必ず行われています。
個人での貸し借りに関してもいえることで、あるとき急に見ず知らずの人から10万円を貸してほしいといわれて、そのまま貸す人はまずいないでしょう。
もし貸してあげるにしても、氏名や住所・電話番号などは確認するはずです。
誰なのか分からない人にお金を貸しても、戻ってくる確率は極めて低く、もし回収できなくても自己責任になります。
お金を貸す側にはリスクが伴うので、審査をするのは当たり前のことです。

■審査が緩いという話は嘘ではない

消費者金融と比べてソフト闇金の審査が緩いという話は本当です。
実際に消費者金融から借り入れできない人がソフト闇金を利用しています。
中には審査が緩いことを審査なしと解釈している人がいますが、両者の意味は全く違います。
ソフト闇金はブラックでも借りられますが、無条件で融資すると宣伝している業者は存在しません。
甘い言葉ばかりを並べている業者からは借りないようにしてください。

■そもそも審査の意味とは?

審査というのは詳細を調査して、結果の可否を決めることを指しています。
ソフト闇金側は申込者に対して、本人確認書類や家族・友人の連絡先などを求めてくるのが普通です。
この時点で信用力がある人物か精査されているわけです。
ソフト闇金には水商売の方や専業主婦には融資してくれないところもあります。
融資対象を絞っている時点で審査は存在しています。
中には審査なし・無審査などを謳っているところがありますが、よく調べてみると審査項目に職種や勤務年数・給料日などの記載事項があるでしょう。
運転免許証や保険証、住民基本台帳カードなどの本人確認書類を必須とするところも多いです。

■ソフト闇金の審査項目の必須記入項目とは

当然ながら氏名や生年月日、お住まいの地域などは記入が必須となります。
ほかにも携帯電話番号、勤務先の住所・電話番号なども必要です。
記入項目は一般の消費者金融と比べても多いくらいです。
ソフト闇金はこれらの情報をもとにして融資をするかどうか決めています。
もし本当に審査がないのであれば、電話で指定口座を伝えれば即融資してくれるはずです。
しかしこうしたソフト闇金は存在していません。
営利目的で運営している以上は、融資対象はしっかりと見極めているのです。

■なぜ審査なしを売りにしている業者がある?

審査なしを売りにすれば、申し込みをしたいと考える人が増えるためです。
確かにソフト闇金はブラックでも貸してくれますし、ノンバンクで断られた人でも借りられる可能性があります。
ただ審査や借入手続きはありますので、誰でも100%借りられるという考えは持たないようにしましょう。
審査項目に虚偽の入力をしている、ほかのソフト闇金から借りて返済していない、といった人は高確率で審査に落ちます。
ソフト闇金各社は、共有ネットワークを展開していることが多く、業者内で顧客情報が交換されている場合があります。
そのため最初から踏み倒す意思があって申し込みしても却下されることが多いです。

-ソフト闇金

© 2020 ソフト闇金アステカは先引き無し、月1払い、分割払いの相談可能