ブラック融資は 主婦、ブラック、自己破産・債務整理・個人再生した方などにも積極的に即日融資。先引き無し、月1払い、分割払いの相談可能

ソフト闇金アステカ

ソフト闇金

ソフト闇金を利用していて金利を下げてもらうにはどうすればいいのか

投稿日:

ソフト闇金は、従来の闇金と同じく高金利で融資をする業者であり、脅迫めいた取り立てをしないだけで違法であることには違いはありません。なので、返済をしていこうとしても利息がどんどんと膨らんで、多額の借金を抱えることになります。そのような状況になったとき、なんとかして金利を下げてもらうにはどうすればいいのかというと、今のままではどうしようもなくなることを冷静に説明していくしかありません。

ソフト闇金とは言え、相手は違法な営業をしている相手ですから、感情的になれば相手を怒らせて危害を加えられる恐れがあります。たとえ暴力はなくても、大声で威圧されたり集団で取り囲まれたら交渉をするどころの話ではなくなります。

そもそも違法な融資なのだから、返済する必要はないのですが、それが通じる相手かどうかは別の話です。もし借金を踏み倒そうとすれば、個人情報が拡散されたり、周囲の人にまで迷惑をかけることもありえます。お金に困っている利用者にとっては、そういう状況になってますます苦しい立場になるのは避けたいところです。

では、金利を引き下げるための交渉で説得できるシナリオはどのようなものかというと、現状の金利で膨らむ利息がどのくらいになるのか、それに対して返済能力はどのくらいあるのか、保有している資産も含めて全て数字にしていきます。そうすることで、膨らんだ借金で仕事も失い家や車を手放して何もかも失うことを理解してもらいます。

そこで大事なのは、そういう状況になれば業者側にも損だと主張することです。返済の途中で借金がどうしようもなくなったら、業者が得られるのはそれまで回収できた分だけです。元金よりも少なければ、業者は損をしたということになります。そこでなんとか金利を返済可能な水準まで下げてもらい、最後まで完済できるようにしてくれ欲しいと交渉をしていきます。そこで金利を下げたときに、総返済額についても数字を出しておきましょう。苦し紛れのお願いであれば相手は聞く耳を持たないでしょうが、具体的な金額を提示して、業者にとっても金利を下げることにメリットがあると理解してもらえれば、なんとかなる可能性がでてきます。

交渉で相手の感情を逆なですることは避けるべきですが、無理なく返済できる金利にして欲しいと交渉をしても、何も動いてくれないときには弁護士に相談すると伝えましょう。ソフト闇金の金利が違法であれば、弁護士がでてくれば終わりです。受任通知を業者に送った時点で、暴力的ではなくても取り立てはできなくなります。そして、返済についても、もう払わなくても良いという話になりますし、これまで返済した分も返還を求められます。そうなれば、業者の利益となるものは何もないです。つまり、弁護士の介入を許して1円も入らなくなるよりも、金利を下げたほうが良いだろうと業者に妥協をしてもらいます。このように筋道を立て話をしていけば、業者にとっても金利を下げることが得になると理解してもらえるでしょう。

ただ、ここで注意しなければいけないのが元金だけ支払えばいいからという提案をされたときです。返済をしなければいけないという義務感を持っていると、元金の返済という言葉がとても魅力的に聞こえます。でも、実際のところは、元金に加えて多額の手数料を請求される事が多く、結果として返済の負担が重くなります。

このような手法は元金和解といって、ソフト闇金や普通の闇金でよく使われています。残念ながら、そんなに甘い話は世の中にありません。強引にでも元金和解で話をまとめようとするならば、絶対に断りましょう。そして、これ以上の交渉は難しいと判断して、弁護士等の専門家に相談をしたほうが良いです。
ソフト闇金

融資申込み

-ソフト闇金

Copyright© ソフト闇金アステカ , 2021 All Rights Reserved.