新着情報

総量規制対象外のフリーローンから借入はどのようにしたらいい?

ひと昔前は総量規制というものがなかったので、比較的簡単にお金の借入ができました。
年収の何分の一などの決まりがなかったため、消費者金融に限らず銀行などでも高額融資が当たり前だったのです。
しかし今は総量規制が行われているため、なかなか新しくお金の借入をするのが難しくなってしまいました。
総量規制対象外のフリーローンからどのように借入したら良いのか、こちらで説明していきます。

■総量規制とは?

これまでお金を貸しては返済ができなくなってしまう例が多く、貸しすぎや借りすぎを防ぐためにと総量規制は作られました。
借金で自己破産などとならないために考えられたものではありますが、いざお金を借りたいと思っても、この総量規制に引っかかってしまうとそれ以上の借入ができないので困ってしまっている方も多いのは事実です。
この総量規制では借入をする方の年収の1/3と決まっていますので、年収が少ない方は不利になってしまいます。
私達のことを考えたものではありますが、本当にお金に困ってしまったときどこから借入したらいいのか悩んでしまうでしょう。
総量規制の対象となるのは、消費者金融からの借入やクレジットカードのキャッシング枠、フリーローンが対象です。

■総量規制の対象外になるものもある

信用金庫や信用組合、クレジットカードのリボ払いはこの総量規制の対象外となります。
お金に困ってしまったという場合は、クレジットカードのリボ払いを上手に活用すれば、本来はその月13万円の支払いがあっても毎月1万円のリボ払いにすると12万円の現金を手元に残せるのです。
食費や生活費はクレジットカードのリボ払いを利用して、なんとか現金を確保するという方法もあります。
これまで銀行のカードローンも総量規制の対象だったのですが、今では厳しくなっているのであまり望みを持てません。

■総量規制の対象外になるものの中でもおすすめは消費者金融の例外貸付!

いくつかある中でも一番現実的で借入しやすいのが、消費者金融の例外貸付になります。
審査に通れば、総量規制以上の貸付もOKになり助かるでしょう。
さらに即日融資も受けられますので、早くお金が必要な方も安心です。
申し込みのときに総量規制の例外貸付でお願いしますといえば、それに合わせて審査をしてくれます。
もし年収の1/3以上貸付を行っても問題なさそうだと判断されれば、緊急で必要なお金を手にできます。
あまりにも年収に対して度合いが大きい貸付などは難しいですが、今すぐに5万円必要になって緊急でほしいというときには、対応してもらえる場合が多いでしょう。

■個人事業主をしている方はビジネスローンも利用できる

私用のお金が少し足りなくてピンチというときは、消費者金融の例外貸付だけでなく、ビジネスローンも利用できます。
個人事業主の方専用のビジネスローンになるので対象の方も限られてきてしまうのですが、困ったときには即日融資もしてもらえる可能性があります。
個人事業主の場合の借入は総量規制の例外となっていて、1/3以上を超えてもOKです。
ノンバンク経のビジネスローンであれば、たとえ赤字気味の経営でも借入できる可能性がありますので申し込んでみましょう。
必ず事業だけに使わなければいけないものだけでなく、使い道は自由なローンもあります。

■例外貸付なら借りられる可能性が

総量規制があるので本当に必要なときに、規制分借入をしていてこれ以上は難しいという場合もあります。
そんなときでも消費者金融の例外貸付を利用すれば、お金の借入ができる可能性が高いです。
その場合にはしっかりと例外貸付で貸してほしいと伝えましょう。
ほかに個人事業をしている方は、ビジネスローンの使い道自由なタイプもあります。

融資申込み

-新着情報

© 2020 ソフト闇金アステカは先引き無し、月1払い、分割払いの相談可能